深爪克服17週目

停滞期の爪にモチベーションは上がらないものの。なんとか、心折れず頑張ってるバナナです

深爪・噛み爪の癖をやめて17週間が経ちました。
現在の爪はこんな感じ。

深爪克服18週間目

深爪克服のための指の使い方に気づいた!

先週、育爪サロンのおねーさんに、「物のつかみ方、指の使い方がポイントです!」と言われたので、この1週間徹底して指の使い方に気を使ってきました。
するとね、「あー今お肉が爪からはがれてるなー」っていうのが、感覚でわかるようになってきたんです。

ポイントは、物をつかむときに、指先に爪からはがれる方向への力が加わらないようにすること。
何が何やらわからないと思うので画像で説明しますと、例えば食器棚の引き戸を引くときね、指先を使うとこんな感じでしょ。
指先のお肉に爪とは反対側の力がかかって、結果爪からお肉がはがれる感覚になるわけ。

深爪克服のための指の使い方

で、大袈裟だけど、こんな感じで引き戸を開けるようになったわけ。

深爪克服のための指の使い方

ちょっと指がくねくねした感じですが、指の腹を通り越して第一関節を押し付けるような感じで、引き戸を開けます。
すると、指のお肉が爪に押し付けられている方向に力がかかるんですよ。
引き戸を開けるたび、物をつかむたびに、くねくねと指を動かして、爪にお肉を押し付けながら「くっつけー~~」と念を送ってます(笑)。

育爪サロンのお姉さんは、「指の腹を使うんですよ」とおしゃったんだけど、私的には指の腹ではなくて、第一関節を使う!って感じですね。

焦らずやろう。深爪治療

深爪を辞めようと思った当初、3ヶ月くらいでキレイになった方のブログを見て、私も3ヶ月でキレイな爪になると思い込んでいました。
そのため、3ヶ月経ってもなかなかキレイにならない自分の指に焦ったり、いらだったり、心折れそうになったり…。

でも、ここへきて、「まぁ、なんとかもう少し時間がかかるな」と吹っ切れたような気がします。

思えば私の深爪歴は30年以上。小学校の時から爪を噛んでいたのですから、人生の記憶の中でキレイな爪でいた時間なんて、ほとんどない。
私の指のお肉ちゃんだって、「僕は本来爪を支えなくちゃいけないんだー」ってお役目を忘れていたことでしょう。
そんな爪を伸ばそうっていうんですから、3ヶ月くらいで治るわけがありませんよね。

ゆっくりと、頑張っていこうかな~。

そんな風に気持ちが吹っ切れた1週間でした。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ