深爪の克服日記

爪噛みを辞めて45週目

更新日:

今日で爪噛みを辞めて45週が経ちました!
去年の12月末に爪噛みを辞めたので、これで10か月と少し爪を伸ばしてきたことになります!

爪を噛む癖を辞めて45週目

今週は、たびたび凹んだことがあったんです。

爪をぶつけると、ピンクベッドがはがれる!

数週間前から、爪の白い部分を長めにキープしていました。
史上最長の爪の長さになってたと思います。そうしたらやっぱり指を使う時に、爪の長さの目測を誤っちゃうんですよね。
アチコチに爪を引っかけちゃうことが多くなっていました。

最初にぶつけたのは左の小指。
ガツっっとぶつけて「痛いっ!」と思ったら、ぶつけた所のピンクベッドがななめにはがれて爪が白くなっていました。

小指の向かって左側をぶつけたんです。
負荷がかかった所の下の方に内出血ができていて、ピンクベッドが左下がりにはがれてしまっています。
最近お目にかかっていなかった内出血も、大きくできています。

45週目左小指

本当に指をぶつけると、爪がはがれてくるんですね。
サロンのお姉さんにも再三「指の使い方が大事!」「指に力が加わると、爪とお肉がはがれちゃうんです」と言われ続けてきましたが、これほど顕著に指の使い方の大事さを痛感した瞬間はありませんでした。

ぶつける前と比べてみるとこの通り。

爪を伸ばすための指の使い方

明らかに、左下がりにピンクベッドが下がっていまいました。しょぼーん。

この左の小指を引っかけて、「もう絶対指の使い方には気を付けるぞ!」と誓ったのに、なんとまた翌日、今度は右の小指も引っかけちゃったの。
今度はガツンとぶつけるんじゃなくて、爪が上向きに90℃ぐらい反り返っちゃった感じで。
もう、痛いのなんのって。それ以上に、前日に続いて2日連続で爪をやっちゃったことがショックでショックで。

爪をキレイに伸ばす方法

白い爪が上向きに反り返ってしまっていたので、これは爪を切った後の写真ですが、これも、向かって左側の角が三角に白くはがれているのがわかります。
あー、ダメですねぇ。。。もっと気を付けないとなぁ。。。。。
こちらはやって3日ほどズキズキしていましたが、今日はもう痛みも治まりました。

爪を長く伸ばしすぎるのも却って良くないということを実感しました。
白い部分をある程度伸ばしておかないとピンクベッドが伸びないのですが、白い部分を伸ばしすぎるとこうして爪を引っかけて却ってピンクベッドをはがしてしまう結果になるということですね。

もとより、指の使い方をもっと慎重にできればいいのでしょうが、なにしろガサツな性格なもので、注意力も長続きしません(笑)。
爪が伸びるにつれて、指が長くなっているような気がするんです。第一関節から上の長さが伸びたような気が。
だから、ボタンを押したり、奥の方の物を取ったりするときに、距離感がつかめなかったりします。

爪とお肉をくっつけるには、指の使い方が大事。
ピンクベッドは衝撃に弱い。

爪を伸ばし始めて10か月もたってから、シミジミと思い知る教訓なのでした。

 

-深爪の克服日記

Copyright© 深爪・爪を噛む癖の治し方矯正.com , 2018 All Rights Reserved.