深爪の治し方⑤バランスの良い食事・生活リズム

爪を育てるためには、バランスのとれた栄養やエネルギーが必要です。
爪が薄い、爪が割れる、二枚爪になる、などのお悩みがある方は、まずご自分の生活を見直してみることも大切ですよ。

爪を育てるにはバランスの良い食事が大事

ダイエットで食事制限をすることによって、さまざまな便秘や貧血・月経不順などさまざまな体の不調が起こることは良く知られていますが、ダイエットは爪にも影響を及ぼすということをご存知でしたか?

きれいに爪を伸ばすためにダイエットは禁物

ダイエットで体の中の栄養素が不足すると、爪が割れたり反ったりするだけでなく、手が乾燥することによってささくれ・さかむけができて、お肉と爪がくっつきにくいという状況に陥ってしまいます。

ダイエットSlimさんのサイトにはこんな記事もありました。

ダイエットの影響は爪にも現れます。二枚爪やささくれ、さらにひどい場合は栄養不足によって爪が凸凹になったり、鉄分不足によりスプーンネイルになったりする場合もあります。

解消方法

二枚爪は爪の先端から二枚に割れたり、はがれたりします。血液循環が悪いことや、たんぱく質不足などが原因です。爪の主成分はたんぱく質であるため、たんぱく質の摂取を心がけるようにしましょう。食事の栄養バランスを見直すことも大切です。

また、ささくれができる主な原因はビタミン不足であるとされています。また、食生活の乱れや指先の乾燥なども原因となります。ビタミンの摂取や栄養バランスの良い食事、指先の保湿を心がけましょう。

爪が丈夫に育っていないと感じている方は、ご自分の食生活を見直し、たんぱく質・ビタミンなどしっかり取れているか振り返ってみてください。

ストレスは爪にも悪い?!ストレスフルな生活を見直そう

私も小学校の低学年の頃からボリボリと爪を噛んでいましたので、両親は「爪を噛むのは何かストレスがあるから?」と、随分心配していました。
私の場合、受験などストレスがあるときも、受験が終わって花の大学生生活が始まってからも、爪を噛む癖は変わりませんでしたので、結局心理的ストレスと爪噛み癖は関係がなかったなー、と思っています。

それでもやはり、ストレスから爪を噛んでしまう方も多いでしょうし、イライラしたとき、考え事をしているとき、不安な時などに指先をいじってしまうという方も多いようです。

ストレスが爪に良くないのは心理的な原因だけではありません。
人はストレスや緊張を感じると、指先の血管がキュッと縮まって血行が悪くなります。
指先の血行が悪いと爪の発育が遅くなり、きれいに爪が伸びない原因となるんです。

きれいに爪を伸ばすために睡眠が大事

 

また、人間は夜10時~深夜2時までの間に成長ホルモンが最も多く分泌されます。
この時間にぐっすりと睡眠を取ることで、成長ホルモンがたくさん出て、身長が伸びるだけでなく体に必要なエネルギーが作られ、健康で元気な体を作ってくれるわけです。
爪も体の一部。睡眠不足では美しい爪は生えません。
どうぞ、ぐっすりと良質の睡眠がとれる生活リズムを整えるよう、考えてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ